読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然豊かなところに住みたかった人の日記

田舎に単身移住してみて断念した人の体験記。

④田舎のいいところ

つれづれと田舎の文句を書いてきました。

 

 

でも、ほんとうは田舎が大好きなのです。

好きなのです。一方的な片思いです。

 

 

私が田舎大好きな理由を書きたいと思います。

ちょっと人とずれてるかもしれません。

 

スタンダードな理由

 

★ 食材が新鮮でごはんおいしい

★ 空気きれい

★ 自然いっぱい

★ 人少ない

★ 方言大好き

★ 車運転しやすい

 

 でも、こんなの誰でも思いつきますよね。

 

 

★テレビ番組少ないからいい。ローカル番組ばかりでほっこりする。

 テレビつけたら4局くらいしかなくて、最初はびびりました。

 みんな有料放送契約してるようです。だからみんな意外と

 海外の映画とかに精通していた気がします。笑

 私は、有料放送は契約してなかったので数局のみでした。

ローカル番組は基本的に、力がはいってなくのんびり

 しているイメージでした。

 東京や関西の番組みたいにギラギラしてなくて好きでした。

 

 ★家が広い

 一人暮らしの賃貸したが、家賃めちゃ安で(4万くらい)

 ふつうに狭くなかったです。これでも、いいランクの部屋に

 したほうで、もっと古くてへんな物件だったら2万代でも

 あってびっくりしました。

  私の地元では、ちょーせまいのに6万とかします。

 

★ 山が見える

  生活に自然が近くにありました。大阪の内部みたいに

 360度どこにも山がみえない状態は息苦しくて耐えられません。

  みんなよく耐えられると思います。今の実家はかろうじて山

 が見えるところなのでなんとか生きていけます。

 

 ★きれいな川

 

 きれいな清流や、湧水のスポットがありました。

 きれいな水辺で生息するクレソンなども自生していました。

 

 ★県庁所在地の駅でも人がまだら

 県内随一の人気スポットでも、ぜんぜんすいている。

 

 

 ★買い物の選択肢が少ない

  大型ショッピングセンターが県内に少ししかないので

 選択が楽。デメリットではなく、メリットなのです。

  都会には話題のショッピングセンターが乱立しています。

 正直、どれもそんなに代わり映えしないです。どこにでも

 あるチェーン店がはいってるだけ。

  でも、なんとなく行きたくなるのが人間の性。

 私には最初から選択肢が少ない方が向いているのです。

 全部みたくなっちゃうから。

 

 

 ★適度なテキトー

 過剰なサービスに飽き飽き、うんざりしてました。

 なぜなら、自分がサービスを提供する側であったし

 これからもっと過激化するであろう日本の将来を

 憂いているから。

  田舎ではいい意味で、必要最低限のサービスしか

 なかったです。心地よかった。

 

 

 

 気が付きました。

 私が好きなのは田舎のハード面。(生活環境や建物、自然)

 ソフト面(人付き合いや、もろもろ)はあまり

 ここが好き!というのは印象に残らなかったみたいです。

 

 

 みんないい人でしたが、私がコミュ障だったのかもしれません、、。

   残念ですね。笑